2008年08月15日

北京オリンピック応援ソング!!

北京オリンピックもこれから後半戦
映像とともに流れる音楽が感動を倍増させますね。

北京オリンピック日本代表選手団公式応援ソング
「笑ってみせてくれ」/BAND FOR “SANKA”


小田和正、佐橋佳幸、トータス松本といった日本を代表する三組のアーティストがオリンピック日本代表選手を応援する楽曲を制作し、さらに趣旨に賛同するアーティストが参加。

参加アーティスト:中孝介、岡平健治、小田和正、佐藤竹善、佐橋佳幸、トータス松本、平原綾香、藤井フミヤ、BONNIE PINK、松たか子、宮沢和史(50音順)

「音楽のもつパワーでオリンピック日本代表選手を応援したい」という音楽プロデューサー佐橋佳幸氏の呼びかけにより、小田和正氏、トータス松本氏ら3名が中心となって応援ソングを制作。さらにこの企画に賛同するアーティストの参加を募り、北京オリンピック日本代表選手団応援のためだけのスーパーバンドを結成して、レコーディング。
この曲は、勝利した人はもちろん、頑張った全ての選手に「最後には、笑ってみせてくれ!」というポジティブなメッセージを送るものとなっている。

※BAND FOR “SANKA”の由来
公式応援ソングとして選手に向けた「賛歌」とスーパーバンドに「参加」するという2つの”SANKA”の意味が含まれている。


ミスチル / GIFT  (NHK 北京オリンピックテーマソング)



嵐 / 風の向こうへ (日本テレビ 北京オリンピックテーマソング)


SMAP/この瞬間、きっと夢じゃない (TBS 北京オリンピックテーマソング)


レミオロメン / もっと遠くへ (フジテレビ 北京オリンピックテーマソング)


福山雅治 / HIGHER STAGE (テレビ朝日 北京オリンピックテーマソング)
http://www.tv-asahi.co.jp/beijing2008/pc/music/index.html





人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 11:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

サニーサイドアップが近々上場
Excerpt: 大株主の中田英寿氏、1億5000万円の臨時収入 サニーサイドアップが近々上場 2008年08月22日16時45分 / 提供:MoneyZine MoneyZine 9月5日、PR会社のサニーサイドア..
Weblog: スポーツビジネス勉強室
Tracked: 2008-08-23 21:02

リクルートスタッフィング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。