2009年02月28日

キャリア関連書評

『電通「鬼十則」』
単体では世界最大の広告代理店である「電通」には4代目社長吉田秀雄によって1951年につくられた電通社員、通称「電通マン」の行動規範とも言える「鬼十則」と呼ばれる非常に有名な言葉があります。いわく、

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。



『観想力 空気はなぜ透明か』

物事の見方が変わります。


『ハッピーキャリアのつくりかた』

幸せなキャリア・人生を歩むためのステキなアドバイスが凝縮されています。Blogを使った自分のたな卸し。


『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』

「企業の明るい未来は従業員個人の明るい未来の累積...(中略)...彼らが途中で席を立つ企業は必ず衰退することになる。」ぐさっときました。


『自分らしくライフバランスを手に入れる』

自分らしく、自分を大切にすること。本当に大事だと思います。それをわかりやすく、愛情深い言葉でつづられている素敵な本です。


人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 21:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

リクルートスタッフィング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。