2009年02月28日

キャリア関連書評3

『ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか』

梅田望夫氏のオプティミズムを強調する語り口は必ずしも好みではないし、本書には新しい情報が盛り込まれている様子でもなかったので、今週末に至るまで読んだことはなかった。しかし、読み始めてみたら、組織・人事を専門にする人間にとって、15分どころか、丸一日かけて読むに値する本であった。いまはまだ、リアル世界とネット世界の境界領域で必要なスキルを身につけた人は少なく、そこで必要とされる能力もまだ正しくは定義されていない。(P.206)・・・この重要な問題設定に対して、本書ほど日本語で質・量豊かに解答を試みたものはないだろう。というよりも、本書が最初の試みだろう。前半が組織・リーダーシップ論、後半がキャリア・コンピテンシー論になっている。そして、それぞれ、組織・リーダーシップ論としても、キャリア・コンピテンシー論としても、(評論家としてではなく)一流のコンサルタントによる議論のたたき台として、十分以上の質・量のものが、展開されていた。


『仕事のなかの曖昧な不安―揺れる若年の現在』

中高年層の雇用維持と若年層のフリーター化との間には密接な関係があることを最初に明確に指摘した、格差社会やニート問題の代表的な論者である、玄田有史氏の著作。本書で導入しているユニークな概念は「仕事格差」の概念である。著者は格差の問題において問題なのは、「賃金の格差」よりも、むしろ「仕事格差」であるとする。仕事にはあきらかに異なる2種類のものがあるとするのである。1)仕事をする過程で人々が能力や所得を向上させていくことができる仕事2)仕事のなかでみずから多くを学ぶ機会が乏しいため、その職務自体からは能力向上や働く意味を見い出せない仕事そして、この「仕事格差」が進行していることこそが、単なる失業率や賃金格差のデータには表れていない雇用不安の正体(=仕事の中の曖昧な不安)であり、その不安をなくすことが問題解決の鍵であるとしている。


『フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか』

これからの働き方に対する玄田氏のもう一つの仮説は、フリーエージェント社会(個人請負社会)を誘導しよう、思い切って企業から独立する道を選択しよう、ということである。最近話題の、梅田望夫氏の「ウェブ時代を行く」に近い主張なのかもしれない。玄田氏の主張はこの点においてもデータに裏付けられており、統計によれば雇用を最も創出しているのは優良中小企業であるとした上で、優良中小企業が多々生まれることが日本の雇用にとっての最も重要な要因であるとし、そのために、日本の企業人の独立志向性を高めよう、という方向を提案していると言えると思うが、その一貫として「フリーエージェント社会の到来」にも解説をつけているのである。


『評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡』


「この男の人生、他人事(フィクション)じゃない」これは帯に書かれているコピーです。上巻、下巻と通読した感想はこのコピーそのものでした。この書籍は『機動戦士ガンダム』シリーズ第1作目の主人公であるアムロ・レイのライバルである「シャア・アズナブル」の生き方について書かれたものです。著者はシャアのことを「一流の見識と二流の才能を持った男」と評しています(これは映画『アマデウス』における、一流の感性と二流の創造性を持ったサリエリを思い出させます)。その様な男がガンダムシリーズ三作品において辿った軌跡と、その背後に流れる同シリーズの世界観、そして彼自身の考えについて書かれていて、彼の持って回った様な多くの言動の奥にあるものを紐解いて行きます。彼が登場する三番目の作品でのあるセリフによって「マザー・コンプレックス」と指摘され易い彼ですが、私はその指摘に非常に違和感を感じていました。当書籍ではその点についても一つの解答を示しています。いまなお作品が作り続けられているガンダムシリーズの原点を深く知ることができ、また個人と組織、そして社会の係わり合いについて真剣に考察された興味深い書籍である。尚、帯によれば「ビジネスマン必読!」であるとのことです。(冒頭に挙げたコピーの右肩部分に記載)




人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 22:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/114956648

この記事へのトラックバック

ウェブ時代をゆく
Excerpt: これで「ウェブ」関係のは最後(^.^)b ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか (ちくま新書)著者:梅田 望夫販売元:筑摩書房発売日:2007-11-06おすすめ度:クチコミを見る 「..
Weblog: ☆ひま人日記☆
Tracked: 2009-03-14 16:24

評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡
Excerpt: 評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 上巻 (KCピ-ス)著者:皆川 ゆか販売元:講談社発売日:2006-12-07おすすめ度:クチコミを見る 評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡 下巻..
Weblog: ☆ひま人日記☆
Tracked: 2009-03-29 21:03

リクルートスタッフィング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。