2010年08月19日

幸運を呼びよせる 朝の習慣


人間が人口の電気の光で生活するようになったのは、長い人類の歴史の中で言えば、ほんのちょっと前のこと。それまでは朝日とともに起き、日が沈めば寝るという生活を長い間繰り返してきました。
ヒトのDNAにはこうしたリズムが刻み込まれています。
バブル期に崩れた日本人の生活リズムを、再び正常な状態に戻そうとするように、ちょっとした早起きブームも発生しています。
ビジネスの世界で一流と呼ばれる人たちの多くも、昔からみんな早起きです。
京セラの稲盛会長、マイクロソフトのヒューストン社長、伊藤忠商事会長、東芝会長など、名だたる財界人は早起きでビジネスの世界をリードしてきました。
重役出勤が大物の証しなどと考えている人は、心を入れ替えてみる必要がありそうです。
この本には、誰でも3分でできる朝の52の習慣を紹介しています。

・朝にボーッとするのは、実は大切なこと。
・朝、夢を口にすると実現する。
・朝が苦手なヒトは、筋力を高めるとよい。
・朝は太陽の光で目覚める。
・グレープフルーツの香りをかぐ。
・TVをつけない。

などなど、気持ちいい朝を作る習慣は、どれも簡単で、すぐにでも実践できるものばかり。
すべてを行うのは難しくても、ひとつでも二つでも、明日の朝から試してみたくなる内容です。
かくいう筆者も、広告とITという昼のない世界で、どっぷりと十数年間過ごしてきたことを反省し、早起きに挑戦している最中。
早起きしたくても、夜寝る時間を早くするのがなかなか難しく、悪戦苦闘の毎日。
気持ちよく目覚めたと思ったら「!!!」な時間なんてことも・・・。
そこで、本書には載っていない一計を案じて、犬を飼うことにしました。
まだ子犬なので、朝になると腹が減ったと騒いでくれて、早起き効果は抜群。
晴れた朝に犬を連れて散歩に出かければ、ますますスッキリ。
早起きしただけで大物になった気分になれる朝は、人生にとっても仕事にとっても、とても大事だということを実感するこのごろです。




人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 00:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159877900

この記事へのトラックバック

リクルートスタッフィング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。