2010年04月03日

新13歳のハローワーク

すべての13歳は、無限の可能性を持っている!
127万部を突破したベストセラー『13歳のハローワーク』が、89の職業を追加、112ページを増量した改訂版として再登場しました。

『13歳のハローワーク』は、13歳という年齢を中心にした、子どもたちのための職業図鑑です。著者の村上龍氏は、ただお金や地位を手に入れるためだけではない、「好き」を入口にした職業選びを推奨しています。
「職業を選ぶことは、他人・社会・世界に対して、自分が何をしたいのか、何ができるのかという問いに、自ら答えること」、つまり意志や自発性が大切なのです。だから、まず「好き」が核となるわけです。

今回の改訂で村上氏は、この「好き」の入り口を教科別にしました。「国語が好き」「社会が好き」「数学が好き」等等。なんと「休み時間、放課後、学校行事が好き、ほっとする」まであります。

もちろん紹介される職業は、編集者、骨董屋、気象予想士から芸能マネージャーと実に様々。中にはハブ獲り職人といった、こんな職業あるんだ、と驚かされるものもあります。その一つ一つに、その職種の意味、どういう経験をつめば良いかが、丁寧に説明されていて、大人もページをめくるだけでワクワクしてきます。

ユニークなのは「何も好きじゃない、何にも興味がないと、がっかりした子のための特別編」。傭兵やプロ麻雀士などのユニークな職業が紹介されていますが、「何もしない&寝ているのが好き」な子のためにもちゃんと1章が取られており、細やかなアドバイスが書かれています。こうした暖かな心遣い、ほっとしますね。

自分の「好き」を考え、自分の居場所を考え、そして社会を考える――。
職業を追いながら世の中のしくみを勉強できてしまう本書、13歳だけが読むのはもったいない。大人の自己啓発にも最適です。

◇村上龍著『新13歳のハローワーク』


→同時発売!『13歳の進路』



人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 09:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

キャリア関連書評8

『マネジャーの仕事』

マネージャーの仕事をフィールドワーク的に観察し、何にどれくらい時間を使っているのかが記載されている点やマネージャーの10の役割のところは参考になる。


『構造改革の真実 竹中平蔵大臣日誌』

竹中平蔵氏が2001年4月より2006年9月まで約5年半にわたって、小泉内閣の経済政策・金融担当の大臣として構造改革を推進してきた、その回想録。歴史的にも重要な意味を持つ回想録であることは間違いないが、ビジネスマンにとっても、竹中氏の視点に入り込んでこの数年間のことを振り返ってみることは極めて有益であると思われる。特に人事や組織を専門にする者にとっては、組織をしがらみから解き放つためには何が必要なのか、ということについて、多くの示唆が得られると思われる。


『労働ダンピング―雇用の多様化の果てに』

非正規雇用社員の労働条件悪化 ⇒ 正規雇用社員への波及 ・・・この負のスパイラルを本書では「雇用の液状化」と呼んでいる。そう、まさにこれこそが、今起こっていることだ。震えの来るリアリティ。その状況を振り返るのに最適の本だと思う。一家に一冊。 本来「商品」としてだけ語ることはできない「労働」を商品として自由化していくことでそのような力学が際限なく働き始める。グローバル化の中で、これは避けられないことなのか? ・・・それを考えるのは、そして実効性のあるアクション/非アクションをとる/とらないのは、私達一人一人の責任でもあるのだが、弁護士である著者は、「現在日本の雇用が向かっている方向が憲法及びILOの精神に反している」ということをまず指摘している。 次には、憲法そしてILOの精神の経済的な含意を考えなければならない。社会を破壊することなく、従ってより望ましい均衡を実現すべき、という含意。それは経営者及び人事関係者が持つべき意思でもある。


『日本の人事部・アメリカの人事部―日本企業のコーポレート・ガバナンスと雇用関係』

唯一無二の書ではないかと思われます。・・・というのは、人事部がどのような機能をどのようにしてどこまで(どの程度の権限の強さをもって)果たしているか、ということを扱っている点において。理論(戦略論、組織論、コーポレートガバナンス論)、歴史(人事管理の歴史)、事例(日米5社ずつ)の各側面から触れられています。これまで日本での人事改革の議論は、人事制度すなわち人事に関わるルールの話ばっかりだった。それは人事部が各種の人事権を持つということが自明であったから。人事部が人事に関して方針を出し、人事を行う、ということを前提に、その内容を議論してきたのである。しかし、人事部が全く力を持たないとしたら?現場から「自分達で採用して給料を決めているんだから何も介入してくれるな」と言ってきたとしたら?・・・歴史的にはそのような時代もあったのである。そのように、制度論よりも上位の視点から、そもそも人事部はいかなる正当性、合理性に基づいて、どのような手段で、人事に関する影響力を行使しているのか/行使してきたのか、ということを論じているのがこの本である。翻訳なので少々読みにくいところもあるが、しかしきちんと訳してあるようだし、内容は何よりもしっかりとした論文にもなっているものなので、そこらのビジネス書とはレベルが違います。事例を読むだけでも、役立ちます。


『ヒューマン2.0―web新時代の働き方(かもしれない)』

シリコンバレーで生活して得られるメリットとそのための要件について、著者(女性でもある)のユニークな経歴、ユニークな視点をもとに、生の情報として語っている。これからの職場のあり方、ビジネスパーソンのあり方が示されているかも・・・


『プロフェッショナル原論』

「プロフェッショナルは経済合理性至上主義の世の中で、人間とは自由と誇りによって幸せになることができる存在であることを実証する使命をもったエヴァンジェリストなのである。」 プロフェッショナルを経済合理性とは一線を画する存在とし、非経済的価値が人々の意識から揺らいでしまった今こそプロフェッショナルが本分を自覚すべき、としている。プロフェッショナルにのみそのような使命を期待する提案の有効性は限定的だが、問題提起は重い。



人気ランキングはこちら

posted by サンタ at 00:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

キャリア関連書評7

デジタル・ワークスタイル―小さなことから革命を起こす仕事術

日に届くメールの数が10数程度であった時代と、それが100通を超える時代とでは、情報のさばき方は自ずと変わってくるはずなのに、同じようにしていたら...、それはやっぱり人間壊れてしまうかも。

窓際OL会社はいつもてんやわんや

とても気軽に読めます。飲料メーカー某S社のOLにして、父はドクトルマンボウ記の作者という移植の経歴を持つ著者の独特の視点が面白い。 最後のネズミ部長のコメントがじーんと感動。


木に学べ―法隆寺・薬師寺の美

「木の癖組は人の癖組」とは、法隆寺の宮大工に伝わる口伝のひとつ。 人材育成を生業とするなかで、人の育て方や人生観など参考になる。


後世への最大遺物・デンマルク国の話

手軽に読めます。生涯を通して、何を後世に残すか?お金?名誉?地位?・・・・。 色々と考えることのできる一冊です。



人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 23:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリア関連書評6

『社員をサーフィンに行かせよう―パタゴニア創業者の経営論』

第2章くらいまでは創業者の想いが中心、第3章あたりから、だんだんと企業理念と企業経営のつながりが見えてくる。


『芸術起業論』

この本に書かれているメッセージは凄い。ビジネスにおいても、この気迫がなければ、マーケティングも、ブランド作りも、成功しないだろう。今後企業は人材にここまで求めるかどうか。いくつか抜粋したフレーズ。 「西洋美術のどまんなかで日本の美術を文脈の一つとしていく入口を作った」「自らの意味を自ら作り出す」「想像力をふくらますための起爆剤」「芸術家や美術館の満足だけでなく、芸術作品に関わるすべての人の熱狂がなければ、世界における価値は定着してゆきません。」「日本の頼るべき資産は技術で、欧米の頼るべき資産はアイデアなのです。」「歴史に残るのは、革命を起こした作品だけです。アレンジメントでは生き残ることができません。」「オークションハウスなど流通市場(セカンダリーマーケット)に耐えられるかどうか」


『ナレッジサイエンス―知を再編する64のキーワード』

インターネットが普及した高度情報化社会である現代において、経営不振となり淘汰される企業がある。一方で、安定的な収益を上げ優良企業とされる会社があり、また、優れた企業風土によりノーベル賞受賞者を輩出するような企業もある。 このような企業業績や企業風土の格差が生じる根本的な要因は何なのだろうか?。経営戦略、財務戦略、ブランド戦略、マーケティング戦略、研究開発、M&A、IT化戦略、競合・市場環境など、さまざまな要素が複雑に作用し結果的に企業業績格差に繋がっていくと推測される。ここで気がつくことは、これら戦略を策定し実行するのはその企業組織に属する人間であり、すなわち、学校教育や書籍などより得られた「形式知」と、過去の経験やノウハウによる「暗黙知」に基づく人間の意志が成すことである、ということである。すなわち、企業業績の格差が生ずる根幹的要因が、実は企業組織の中でいかに「知識/ナレッジ」をマネジメントしていくか、というところに帰着していく可能性があると考える。 本書は、「知識科学」という分野で現在研究されている数多くの研究テーマについて、その概要を解説したものだ。もちろん、どのテーマもすでに画一的な答えが得られているものではなく、人間の知識、思考、行動という「生もの」を取り扱う現在進行形の学問だ。そのエッセンスでは、IT技術を活用した高度な知識共有/発想支援システムといったものから、元気ある町工場における「匠、職人」の技の醸成や伝承なども「知識科学」という観点から捉えており、興味深い。 このような学問を習得した学生が企業に入り、徐々にでも老朽化した国内企業の組織風土を変革していくのを期待するとともに、未だ残る過去の成功体験や人間関係による意思決定など現実の企業の「泥臭い」体質に彼らが幻滅してしまうことを懸念する。大学では、そういった現実の企業体質が未だ数多く存在する、といった現実も少し見せてやるべきと考える。


『マネジメントの正体―組織マネジメントを成功させる63の「人の活かし方」』

マネジメントの要諦が押さえられていて、実務でヒトをマネジメントする方には最適。 なかでも「ヒトの話の聞き方」「採用のポイント」などは面白い。



人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 23:43| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリア関連書評5

『SNSマーケティング入門 上客を育てる23の方法』

SNS をどのように、ナレッジマネジメントのために使うか、さらに組織の垣根を越えた「コミュティ・オブ・プラクティス」づくりのために使うか、・・・ということを考えるための事例集として購入。1年前の本だが、これほどコンパクトに事例やヒントがまとまったものはないのではないか。コラムに載っている事例を読むだけでいくつかのヒントを得て、ひとまず元はとった。顧客コミュニティSNSや、社内SNSを導入したいと思っている人にとっては、企画書作りに即役立つだろう。


『会社の値段 (ちくま新書)』

投資銀行の一線で活躍された著者だけあり、説得力がある。ライブドアや楽天の件で、「感情的に」受け入れられないというヒトもこの本を読むと冷静に状況を分析できる。 つくづく「会社って不思議な存在だ」と思わせてくれる一冊。


『財務3表一体理解法―決算書がスラスラわかる』

BS、PL、CFSのつながりがよくわかる。 財務諸表を全体として理解することができ、企業活動がどのように反映されているかのロジックが明快。この本を読んで改めてBSの重要性を知ることが出来る。


『経営戦略を問いなおす (ちくま新書)』

安易に使う「戦略」という言葉について、じっくりと考えられた本。特に新しいフレームワークを解説しているわけではないが、数々の企業を題材に、ヒトの面から経営戦略について書かれている。


『グローバル人材マネジメント論―日本企業の国際化と人材活用』

グローバル人材の要件から、適応の仕方、教育、評価、報酬と人事的側面をすべて押さえており、とても参考になる。特に、グローバル人材を育成するためのステップが参考になる。



人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 23:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリア関連書評4

『企業内人材育成入門』

教育研修の教科書の決定版。本書自体が教育研修の理論を実践しており、理想的な教科書として作られている。すなわち、教育研修部門の視点に立って、教育研修の内容を改良しながら、その過程で、様々な教育研修理論を学んでいく、という体裁になっている。実践と理論がうまいぐあいにミックスされて、臨場感のあるストーリーの中に統合されている。


『人事が変われば、会社は変わる』

「人事部門とは何をする部署なのか?」この問いを持つ人に対しての一つの答えが示されている。構成は、第1章以降はビジネス小説風になっているが、序章は他の章とは独立して人事機能の変遷と共に、現状の人事部門の立場や役割、問題点の指摘とその解決策などが書かれている。つまり序章では理論を、第1章以降ではその理論の具体的展開方法が物語風に書かれているので、非常に読み易さを感じる。


『影響力の武器[第二版]』

承諾誘導の有名な研究書であるが、相手にイエスと言わせるためのマニュアルとしても使える本であり、危険なほど効果的な本だと言われるのを聞いたことがある。本書は、セールスやマーケティングに従事する人が説得術を研究するために読むことが一番多いのだと思う。しかし、本書は、人々が、無意識的に影響を受けて安易な意思決定をして動かされてしまうメカニズムを明るみに出すことにより、情報化時代における新しい道徳、そして新しい社会規範を作り出す必要性を問いかけ、その試案を作っているものである、といってよいと思う。情報過多の中で情報を吟味していられない時代、新たなファシズムが生まれないために、どのような行動原理を人々は持つべきなのか。それが本書の問いである。本書を悪用する人もいるかもしれないが、本書が広く読まれることによって、社会の知恵と力は全体としては増すと思う。


『脱格差社会と雇用法制―法と経済学で考える』

雇用と労働の制度を考えるにあたっての必読書。「脱格差と活力をもたらす労働市場へ〜労働法制の抜本的見直しを〜」平成19 年5月21 日 規制改革会議再チャレンジワーキンググループ労働タスクフォース http://www8.cao.go.jp/kisei- kaikaku/publication/2007/0521/item070521_01.pdf ・・・の理論的背景になっている基本書がこれであるようだ。立場を問わず、議論のたたき台にすべき本だろう。



人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 23:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリア関連書評3

『ウェブ時代をゆく ─いかに働き、いかに学ぶか』

梅田望夫氏のオプティミズムを強調する語り口は必ずしも好みではないし、本書には新しい情報が盛り込まれている様子でもなかったので、今週末に至るまで読んだことはなかった。しかし、読み始めてみたら、組織・人事を専門にする人間にとって、15分どころか、丸一日かけて読むに値する本であった。いまはまだ、リアル世界とネット世界の境界領域で必要なスキルを身につけた人は少なく、そこで必要とされる能力もまだ正しくは定義されていない。(P.206)・・・この重要な問題設定に対して、本書ほど日本語で質・量豊かに解答を試みたものはないだろう。というよりも、本書が最初の試みだろう。前半が組織・リーダーシップ論、後半がキャリア・コンピテンシー論になっている。そして、それぞれ、組織・リーダーシップ論としても、キャリア・コンピテンシー論としても、(評論家としてではなく)一流のコンサルタントによる議論のたたき台として、十分以上の質・量のものが、展開されていた。


『仕事のなかの曖昧な不安―揺れる若年の現在』

中高年層の雇用維持と若年層のフリーター化との間には密接な関係があることを最初に明確に指摘した、格差社会やニート問題の代表的な論者である、玄田有史氏の著作。本書で導入しているユニークな概念は「仕事格差」の概念である。著者は格差の問題において問題なのは、「賃金の格差」よりも、むしろ「仕事格差」であるとする。仕事にはあきらかに異なる2種類のものがあるとするのである。1)仕事をする過程で人々が能力や所得を向上させていくことができる仕事2)仕事のなかでみずから多くを学ぶ機会が乏しいため、その職務自体からは能力向上や働く意味を見い出せない仕事そして、この「仕事格差」が進行していることこそが、単なる失業率や賃金格差のデータには表れていない雇用不安の正体(=仕事の中の曖昧な不安)であり、その不安をなくすことが問題解決の鍵であるとしている。


『フリーエージェント社会の到来―「雇われない生き方」は何を変えるか』

これからの働き方に対する玄田氏のもう一つの仮説は、フリーエージェント社会(個人請負社会)を誘導しよう、思い切って企業から独立する道を選択しよう、ということである。最近話題の、梅田望夫氏の「ウェブ時代を行く」に近い主張なのかもしれない。玄田氏の主張はこの点においてもデータに裏付けられており、統計によれば雇用を最も創出しているのは優良中小企業であるとした上で、優良中小企業が多々生まれることが日本の雇用にとっての最も重要な要因であるとし、そのために、日本の企業人の独立志向性を高めよう、という方向を提案していると言えると思うが、その一貫として「フリーエージェント社会の到来」にも解説をつけているのである。


『評伝シャア・アズナブル 《赤い彗星》の軌跡』


「この男の人生、他人事(フィクション)じゃない」これは帯に書かれているコピーです。上巻、下巻と通読した感想はこのコピーそのものでした。この書籍は『機動戦士ガンダム』シリーズ第1作目の主人公であるアムロ・レイのライバルである「シャア・アズナブル」の生き方について書かれたものです。著者はシャアのことを「一流の見識と二流の才能を持った男」と評しています(これは映画『アマデウス』における、一流の感性と二流の創造性を持ったサリエリを思い出させます)。その様な男がガンダムシリーズ三作品において辿った軌跡と、その背後に流れる同シリーズの世界観、そして彼自身の考えについて書かれていて、彼の持って回った様な多くの言動の奥にあるものを紐解いて行きます。彼が登場する三番目の作品でのあるセリフによって「マザー・コンプレックス」と指摘され易い彼ですが、私はその指摘に非常に違和感を感じていました。当書籍ではその点についても一つの解答を示しています。いまなお作品が作り続けられているガンダムシリーズの原点を深く知ることができ、また個人と組織、そして社会の係わり合いについて真剣に考察された興味深い書籍である。尚、帯によれば「ビジネスマン必読!」であるとのことです。(冒頭に挙げたコピーの右肩部分に記載)




人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 22:52| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリア関連書評2

『勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─』

管理会計・マーケティングについて知らない人に、身近に感じてもらうためには良い本だと思います。 この本のターゲットは団塊Jr世代。これからの日本を背負って立つ人達です。 団塊世代が『高度経済成長』を支えたのに対して、団塊Jr世代は、『時間あたり生産性向上』を支えるんだと思います。人は減ってもOUTPUTは変わらないというスタンスです。 知識の習得というよりは、自分を奮い立たせてくれるという意味で良本。 団塊Jr世代が20年後、どうなっているか、楽しみです。


『効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法』

ストイックなまでの徹底的な生産性向上を実現するには、この本に書かれている勝間さんの例を参考に。社内のホワイトカラーがみんな勝間さんみたいになれれば、会社の将来にも希望の光がみえるかも。北欧の国々の生産性に追いつき、適正なワークライフバランスの実現のためには、やれることから始めよう。



『トップコンサルタントがPTA会長をやってみた?発想力の共育法』

三谷さんのような大人がいることが 本当に救いだ。 子どもが夢を失い、考える力が低下しているのは、 ゆとり教育の問題ではない。 ヒマと貧乏を与えていないから。 ヒマで貧乏だと、楽しみを自ら作り出すことができる。 アイデア、発想力はそこから生まれる。 それをゆとり教育のせいにして、 塾に行かせ、習い事で埋め尽くし、 でもゲーム、携帯は与える。 学ぶ力を低下させているのは、親、大人である 私たちの責任なのである。 ぜひ親であるみなさん、人材教育に携わる人、 学校関係者、教育問題に取り組む政治家、 そんな人たちに手にとってほしい1冊。


『トヨタの闇』

巨大な広告費でマスコミの首根っこを押さえているがゆえに表に出てこない、トヨタという会社の暗部、醜さを描いている。衝撃的な内容、と読む人もいるようなのだが、私には、あまりにもありがちな、日本的なるもののオンパレードにしか見えなかった。トヨタグループの社員は三河の国に集まって住んでいるので「日本的なるもの」が増幅されるであろうこともよくわかる。そりゃあ、周り中が社宅みたいなところに住んでいれば、常に周囲を気にするようになるし、会社を少しでも批判するようなことは言えなくなるでしょう。。。ただ、日本の優良企業には、トヨタと同じような、江戸時代以来延々と続く地縁的ガバナンス?を強さの根源にしている企業が多いことも事実なのである。かっこいい組織論とか人材マネジメント論とかの世界ではないのだ。そのことは、あまり直視したいない事実である。ここに描かれているような世界を離れて、日本企業が強い組織を作っていくことができるのだろうか?・・・考えなければなるまい。




人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 22:37| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キャリア関連書評

『電通「鬼十則」』
単体では世界最大の広告代理店である「電通」には4代目社長吉田秀雄によって1951年につくられた電通社員、通称「電通マン」の行動規範とも言える「鬼十則」と呼ばれる非常に有名な言葉があります。いわく、

1. 仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2. 仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3. 大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4. 難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5. 取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6. 周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7. 計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8. 自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9. 頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10. 摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。



『観想力 空気はなぜ透明か』

物事の見方が変わります。


『ハッピーキャリアのつくりかた』

幸せなキャリア・人生を歩むためのステキなアドバイスが凝縮されています。Blogを使った自分のたな卸し。


『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』

「企業の明るい未来は従業員個人の明るい未来の累積...(中略)...彼らが途中で席を立つ企業は必ず衰退することになる。」ぐさっときました。


『自分らしくライフバランスを手に入れる』

自分らしく、自分を大切にすること。本当に大事だと思います。それをわかりやすく、愛情深い言葉でつづられている素敵な本です。


人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 21:21| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

失われた性欲を求めて

考えることで見えてくる性欲の風景もある


恋愛沙汰も金次第!?


下半身だって悩みます


読書と性の快感


いつか童貞を捨てるその日まで



人気ランキングはこちら

posted by サンタ at 10:35| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

市場価値を劇的に高める


テレビコメンテーターとしておなじみの諸星裕氏の”裏の顔”をご存知だろうか?サッカー日韓ワールドカップの招致など、卓越した語学力と巧みなネットワークを駆使して、世界各国の要人との交渉を成功させる「国際交渉人」としての顔だ。
本書では、多くの修羅場を乗り越えてきた自身の経験から学んだ、交渉の極意が書かれている。


テレビでおなじみの経済評論家である著者が、「人材価値」の作り方から会社の捨て方・選び方まで、20代にやりがいのある仕事を見つけ、スキルを見に付けるキャリア戦略を伝授してくれる。


サブプライム問題、原油価格高騰など、世界経済が激変する中で日本はどうなるのか。みずほ総合研究所の一流エコノミストが、積み上げた分析の中から2008年の経済動向を予測。


脳科学の第一人者である著者が、脳の仕組みを最大限に活かした勉強法を大公開。
「鶴の恩返し勉強法」「瞬間集中法」など、年齢、環境に関係なく、脳が成長する37の勉強法を紹介


人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 15:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月14日

デジタル雑誌って何がいいの?デジタル雑誌徹底解剖!

最近よく聞くけど、デジタル雑誌って何がいいの?
やっぱり紙のほうが読みやすいんじゃないの?と思っている方へ。

今回のメールでは、そのメリットとデメリットを徹底解剖しちゃいます!

◇◆デメリット◆◇

☆パソコンでしか読めない
寝転がって読むのは難しいです。

☆「モノ」がない
雑誌をデジタル化してお届けするので、質感や重さはありません。
苦労して手に入れる感覚がないので、寂しいかもしれません。

☆オンライン状態でないと新刊が届かない
定期購読を申し込んだ場合、発売日に雑誌が届くのですが
その時にもしオフラインの場合、オンラインにならないと届きません。

◆◇メリット◇◆

☆保存や削除が簡単

デジタルデータなので、物理的な場所をとりません。
もちろんデータを削除するのも一瞬です。

☆お届けが「即納」

ダウンロード式なので購入したら最新号がその時すぐに読めます。 

☆雑誌の中身を検索できる

雑誌の中にあるテキストから、フリーワードで検索できます。
記事や広告、URLやメールアドレスも検索できちゃいます。

☆世界中どこにいても同じ発売日

「モノ」のお届けではないので、物理的な距離を越えられます。
海外に住んでいいてもOK!

☆多彩なコンテンツが一気に楽しめる

紙では実現できなかった、音声や動画のコンテンツも一緒に楽しめる
雑誌があります。英語の学習なんかには最適ですね。

☆印刷しないので環境に配慮している

身近なところでエコを感じてみるのはいかがでしょう。


★「東スポ永久保存版エンタメ劇場」
たった880円の永久保存版!この価格で、この情報量はお得です。
東スポだからできるこの編集内容!

http://www.fujisan.co.jp/magazine/1281682269/ap-santa77783321

★「Jリーグサッカーキング」
日本のサッカー好きを満足させてきたJ LEAGUE SOCCER KINGの
デジタル版が遂に登場!45日間のお試し期間付なので
万が一、気に入らなくても全額返金!

http://www.fujisan.co.jp/magazine/1281682050/ap-santa77783321

★「月刊メジャーリーグ」
最近ホットなメジャーリーグの情報満載!
最新号は「後半戦の展望」を大特集。
こちらも45日間お試し期間あり!

http://www.fujisan.co.jp/magazine/5791/ap-santa77783321



人気ランキングはこちら


ラベル:デジタル雑誌
posted by サンタ at 12:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

ルー 炎上! 恥かけ、汗かけ、涙しろ


ルー大柴のブログが、とくに若者の間で大評判。53歳にして大ブレイクしはじめたルー。炎上しているルー。その謎とは?


人気ランキングはこちら


ラベル:ルー大柴
posted by サンタ at 09:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

今だけ!人気のあの雑誌が1ヶ月間無料に!!

雑誌愛読月間って、ご存知ですか?

(社)日本雑誌協会が主催している、読書推進運動のひとつです。
ほしのあきさんをモデルにした、「めくってる?」の広告が
電車の中吊りでも目立ってますね。

この雑誌愛読月間のキャンペーンの一環で
定期購読の購読料が特別に1ヶ月間「無料」になっている
雑誌がたくさんあるんです!

普段は絶対に安くならないような雑誌も安くなっているので
いつも買っているあの雑誌があるか、早速チェック!

▼雑誌愛読月間キャンペーン雑誌一覧▼
http://www.fujisan.co.jp/navi/j-magazine.asp/ap-santa77783321

雑誌愛読月間は7/1〜9/20頃まで。
この期間に申し込まないと、割引は適用されないそうです。。

割引雑誌の一例はこちら!

▼▼Newton(ニュートン) 8% OFF!
http://www.fujisan.co.jp/Product/1991/ap-santa77783321
美しい写真とわかりやすいレポートの科学雑誌と言えば、Newton。

▼▼ダイヤモンドZAi 8% OFF!
http://www.fujisan.co.jp/Product/5770/ap-santa77783321
マネービギナーのための金融・投資 楽勝攻略マガジン

▼▼日経ウーマン 8% OFF!
http://www.fujisan.co.jp/Product/1926/ap-santa77783321
自分らしい仕事と、心地よいライフスタイル。

▼▼クロワッサン 8% OFF!
http://www.fujisan.co.jp/Product/608/ap-santa77783321
暮らしの定番バイブル、『クロワッサン』

▼▼日経Kids+ 9% OFF!
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281681448/ap-santa77783321
子供と一緒にOFF生活を楽しむ雑誌

▼▼JUNON 8% OFF!
http://www.fujisan.co.jp/Product/1366/ap-santa77783321
テレビ、映画、音楽、スポーツの各分野で活躍するスターたちの本音

▼▼marisol(マリソル)8% OFF!
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281681977/ap-santa77783321
女の魅力、上品に自己主張。40代からのファッション誌

▼▼JUNON 8% OFF!
http://www.fujisan.co.jp/Product/1366/ap-santa77783321
テレビ、映画、音楽等の各分野で活躍するスターたちの本音が見える

▼▼COURRiER Japon(クーリエ・ジャポン)10% OFF!
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281681406/ap-santa77783321
日本の既存メディアが伝えない情報をお届けします

▼▼Title(タイトル)8% OFF!
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281679618/ap-santa77783321
都市型ライフスタイルを提案するワンテーママガジン

▼▼GOLF DIGEST(ゴルフダイジェスト)8% OFF!
http://www.fujisan.co.jp/Product/966/ap-santa77783321
本格派ゴルファーのためのゴルフマガジン

▼▼駱駝(らくだ)17% OFF!
http://www.fujisan.co.jp/Product/1281681329/ap-santa77783321
上質な人生を楽しむための上級生活マガジン



人気ランキングはこちら


ラベル:無料 雑誌
posted by サンタ at 12:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

1年で10億つくる!不動産投資の破壊的成功法




「年収を増やすには、額に汗して働いていてもダメ」という新常識は、このところ「金持ち父さん」などの本でも、よく出てくる話です。
本書は、労働の対価としての収益ではなく、「現物不動産」によって収益を生み出す極意とリスク管理のノウハウを伝授してくれます。
自己資金がないから、不動産投資なんてできないという固定観念にしばられていては、成功はできません。リスクをとることを避けていれば、チャンスは永久につかめません。
「儲」という字は「信」じる「者」と書きます。どんなに負けがこんでいても、どんなにリスクが大きくても、最後まで自分を信じた者だけが、儲けを手に入れます。
そうした腹をくくった上でこそ、本書の内容は大いに参考になるはずです。
まず手始めに、自己資産をどこまで増やしたいか、それを強くイメージする。
物件を買うときには、単に利益率だけでなく、売るときのことを考える。区分所有には手を出さない。ゼロから始めるにはRC(鉄筋コンクリート)から・・・
お金が充分にあれば木造も。管理の悪い物件を買おう。空室だらけの物件を買おう。などなど・・・。常識では「?」と思いたくなるような投資ノウハウも多数紹介されています。
でも、著者は、決してこうした不動産投資を、誰もがやりなさいとは勧めません。
なぜなら、本気で不動産投資をやろうとしたら、ヤケドをする可能性も大きいからです。ただし、今後、貧富の差が拡大していくと予想される日本において、富の獲得競争に乗り遅れないためには、不動産投資でも株式投資でも、もっと考えてみる必要があることを指摘しています。
格差社会は確実に近づいてきています。「持てる者」には、常により良質の投資機会が提供され、もっともっと富み栄えていきます。「持たざる者」であることが決定的な敗北につながる可能性があります。
資産などとは縁がないと思っているサラリーマンやOLの皆さんにも、刺激になる一冊です。


人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 23:57| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月15日

日本のものづくりは世界一


日本のものづくりは世界一
■唐津 一 著
■PHP研究所

日本の製造業の「空洞化」「国際競争力の低下」など、マスコミが報道し続けている“事実”に正面から反論した一冊。
1980年代から90年代にかけての、日米貿易摩擦におけるアメリカ側の詐欺的話術を鵜呑みにしたマスコミのミスリード。「失われた10年」のウソ。
「デフレ=不況」を演出するマスコミなど、マスコミ報道が真実であると思い込んでいる人たちにとっては目からウロコ。日頃からマスコミを苦々しい目で見ている人にとっては快哉を叫びたくなる論調が展開される。
戦後から日本の製造業を「サル真似」のイメージで捉えてきたマスコミは、日本の資本財が今では世界で引っ張りだこになっていることを正確に報道していないと著者は嘆く。
今では自動車や家電といった消費財ではなく、資本財(高性能素材、高精度部品、生産設備、プラントなど)を輸出の中心にしている現在の製造業は、世界市場でトップシェアを誇る製品が星の数ほど存在している。こうした製品だけでなく、現地生産に乗り出している工場では、経営方法も日本式が成功を収めている。
徒に日本の製造業の「危機感」だけをあおり、マネーゲームにうつつを抜かす人
たちを時代の寵児と持ち上げ、株価を吊り上げるためだけの経営の実態が明るみに出たとたん、手のひらを返したように落とす。
こうした表面的なセンセーションとスクープ好きのマスコミ体質からは、真実は見えてこない。
確かに最近でも、「いざなぎ越え」などという景気のいい言葉だけを先行させて経済の復調を盛り上げているように見えるマスコミだが、肝心の景気回復の実態まで掘り下げた報道はあまり見られない。テレビでもキャスターが「・・・とはいえ、なかなか実感できませんねえ・・・」などという空虚なコメントで締めくくられるのがオチだ。
ただし、自らが長年製造現場に身を置き、戦後の日本の製造業を見守り続けてきた著者の視点は、単にマスコミを批判するだけではない。日本の未来のためには、マスコミの「生産性向上」と「体質改善」も不可欠であることを説く。
マスコミが変革を遂げ、本当に著者の言うような事実を、もっともっと取り上げていくようになれば、日本は民衆から元気になる、そのように実感できる一冊だ。


人気ランキングはこちら
posted by サンタ at 23:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月25日

女のためなら手段選ばず

恋愛とかまどろっこしいことより、とにかくモテたい! という人に。ヅラナンパ師から、銀座のママ、AV男優、ヒモ、心理学者まで、女のためなら手段を選ばない達人25人が、口説きのテクニックを披露。

実際に行動に移すかどうかは別として、女心の裏の裏まで知り尽くしているモテ男たちの話は、刺激的で笑える。女性の前でモジモジしてばかりの自分が情けなくなるかも!?


人気ランキングはこちら


posted by サンタ at 00:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キミの恋愛力はどのレベル?

そもそも人を好きになるってどういうこと? 恋するときの心のメカニズムや欲望、セックス、嫉妬、失恋に至るまで、恋愛のイロハについて、中学生以上を対象に分かりやすく説いた恋愛論。

自分の恋愛力のレベルもチェックできる。さすがゲイ作家だけあって、男心も女心も心得ているところに説得力あり。恋は犯罪の温床でもあるとか、その危険性にも触れているところがいい。


人気ランキングはこちら


posted by サンタ at 00:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女のホンネ全開

オンナという生き物はわからない…とあきらめる前に一読を。「やさしい」と「しつこい」の分岐点は? 「頼もしい!」と感じる瞬間は? 容姿はイマイチでも女に好かれる男の条件は? などなど、男の外見と内面に対する、女性たちのホンネを一挙公開。

読んでショックを受けるもよし、勇気づけられるもよし。これを読めば良くも悪くも、女性を見る目が変わることは間違いない。


人気ランキングはこちら


posted by サンタ at 00:28| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月14日

「お札deおりがみ公式『ターバン野口』のつくりかた」


千円札の肖像・野口英世をターバンはじめ様々な姿に変身させる異色折り紙のガイド本。
筆者のブログをきっかけにブレーク中で忍者、ピエロ、ダイバー姿などになる野口翁、さらに五千円札の樋口一葉もキューピー、手負いのおイチ姿に早変わり。プレゼントやお守りにもなり、これは笑える。


人気ランキングはこちら



posted by サンタ at 19:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。